ロゴ
HOME>イチオシ情報>ヘモグロビンa1c値を下げて糖尿病や高血圧を予防!

ヘモグロビンa1c値を下げて糖尿病や高血圧を予防!

服用

ヘモグロビンa1c値が高いと引き起こす症状

健康診断などで血液検査をした際に、自分の血糖値がどの程度あるのかと気にする人は多いのではないでしょうか。血糖値は言わずと知れた糖尿病の指標となる数値であるため、関心が高くなるのももっともと言えます。しかしながら、血糖値は食事の影響を受けやすい数値であり、食事内容や採血をした時点で食後どの程度の時間が経過していたかによって左右されてしまうものです。そのため、最近ではヘモグロビンa1cを新たな指標とすることが増えています。ヘモグロビンa1cは1か月ほどまえの血糖値を反映する数値としてみる事が出来るため、食事の影響を考慮する必要がありません。糖尿病の診断の指標としても利用されている、現在ではごく一般的な検査項目となっています。ヘモグロビンa1c値が上下するという事はイコール血糖値の上下ととらえることが出来るので、高値になれば糖尿病が心配されます。血糖値が高い状態が続くと、網膜症や腎症、神経障害といった3大合併症の発症の恐れもありますし、血管への負担が高くなることから脳梗塞や心筋梗塞といった恐ろしい病のリスクも高くなります。

サプリ服用

ヘモグロビンa1c値はサプリで下げる

ヘモグロビンa1c値のコントロールを考える時には、イコール血糖値のコントロールをするという認識で取り組んでいく事になります。食生活の見直しや運動習慣を持つといった基本的な取り組みが大切なことはもちろんですが、合わせてサプリメントの力を借りると良いでしょう。近年では、血糖値を下げる効果のあるサラシアや難消化デキストリンといった成分が知られるようになり、サプリメントも様々な商品が販売されています。血糖値の急激な上昇を抑える成分のものや糖質の消費を助けるものなどその種類も一つではないので、自分に合うものを選ぶと良いでしょう。特にまだ治療の対象となっていない糖尿病予備軍に入っている場合には、積極的に取り入れて改善に努めましょう。